高齢化

  • 投稿日:
  • by

世界長寿国で1位に輝いたことのある日本。高齢化社会の世の中でご人妻の楽しみとは一体どんなものがあるのでしょうか。
人気なのはやはり仲間と楽しめるゲートボールやゴルフだそうです。生涯スポーツとしても知られていて運動不足のご人妻には健康にも良いスポーツの様です。日光を浴びて新鮮な空気を吸って、仲間と共に運動をする。これは脳にも良い刺激を与えて若返り効果もあるそうです。
また声に出して歌うカラオケや俳句や熟女出会いなども人気だそうです。声に出すことでこれも脳に刺激を与えてボケ防止にもなるそうです。
あと以外にもパチンコや麻雀などのギャンブル。これは空気の悪い所なので身体には良くないのかもしれませんが、スリルがあり、あと特に麻雀は頭を使うので脳を鍛えるのにいいそうで趣味にしているご老人も多いそうです。
そして女性に多かったのがいつまでも若々しくいれる煌びやかな衣装やおめかしをして人前で披露する社交ダンスやフラダンスなどが人気らしいです。あのデヴィ夫人や小柳ルミ子さんもダンスを習っているおかげか姿勢も綺麗でとても若々しいですよね。女性はああいう煌びやかな衣装で若い男性とダンスでも踊るとなるといつまでも若々しく綺麗でいたいという美へ欲望が熱くなるものらしいです。
あと人妻の楽しみは何かに恋をする事も多いそうです。
それが異性との人妻出会いだったり、韓流スターだったり、演歌歌手だったり様々で何かを愛する事で生きがいを見つけ、生きている実感をかみしめるという事なんでしょうね。
様々な趣味を見つけ、生きがいを見つけているご熟女人妻はまさに趣味の達人とも言えるでしょう。さすが長寿世界一の日本です。

楽しい出会い系の人妻

  • 投稿日:
  • by

出会い系の人妻は、ネットの定番です。出会いサイトで知り合った人妻に電話して、翌日の夕食時に友人を紹介する約束をしました。
電話を切ってエッチな人妻に目をやると、なにやら妖艶で複雑な表情でこちらを見つめていました。
計画に同意したとはいえ、不安を拭い切れない様子です。
真意を確かめると、彼女は内心、この計画は単なる口実で、捨てられるのではないかという疑念に駆られているとのことでした。
私の調教なしでは生きていけないとまで告白する熟女人妻の哀れな表情が、私の嗜虐心を刺激します。出会い系がきっかけの腐れ縁です。
ここまで仕込んだ女性は、初めてです。
パイブを交互に上下させながら、顔面をまたいで腰を下ろすと、すぐに熱い舌がアヌスを舐める。エロ人妻の夫は優しく、子どももやんちゃですがかわいいし、ご近所付き合いに悩みがあるわけでありません。
本当に絵に描いたような幸せな立場にあるはずなのに、夫以外の年下の彼氏と人様には言えないプレイを重ねつづけているのです。
ある日、息子の同級生と、その子のお兄さんを家に連れてきたのです。
彼は、大学生なので、私の魅力に気づかなかったのです。いかに好青年に見えても、彼がまだ20歳そこそこの、性欲のありあまった青年だということに。
夏休みに入つて間もないある日、私は昼食後に少し居間でうとうとしていました。
ふだんならすぐ起きるのですが、その日は、熟睡していたのです。人妻出会い

人妻それぞれの選択です

  • 投稿日:
  • by

共働きも専業主婦も経験済みの40代の人妻です。私たち夫婦には子供がいません。共働きで自分の収入がある方が、主人や主人の両親に気兼ねすることなく、趣味やボランティア活動もできるので日々の生活が充実します。
でも隣家の人は子供がいないのに共働きで、そんなに金を残してどうするんやとやっかみ半分なことを仰るので近所付き合いには気を使っています。
また遠方から嫁いだため、結婚してから半年くらいまでの期間と今年の3月から現在までは専業主婦をしています。
3月までパートで働いていましたが、体調不良で検査を受けたら腫瘍が2つ見つかり合計3つなってしまい、仕事を退職し病気療養のため家にいる状態です。病院の検査はMRI、CT、エコーなど色々な種類の検査をしたので、約50000円くらい掛かりました。診察代もばかにならないし、その後の生活費もかかりますので週に1~2日でも働いている方が自分の気持ちが楽そうです。
以前NHKの朝ドラの影響で専業主婦になりたい20代が増えているという記事を拝見しましたが、できれば社会経験のある方が子育てや自分の成長、ご主人の職業に対する理解も深まったりとプラスになる面が多々あると思います。
ご自身のライフスタイルに合ったベストな選択をしていけたらいいですね。

子供の年齢によって理想が変化しました

  • 投稿日:
  • by

以前は人妻主婦が理想だったけれど、ここ2年ほどで気持ちが変わりました。今、理想なのは共働きです。なぜ変わったのかというと子どもが大きくなったからです。幼稚園や小学生のころは親がかかわらなくてはいけない行事が多くて、まだ子供にも手がかかるので家にいたかったのです。だけど子供が中学生になり、学校や部活、塾、友達との遊びなどで忙しく家にいる時間が少なくなりました。そうなると昼間の時間を持て余してしまいます。一人の時間が多いと、あれこれ心配事や気になることが出てくるので、仕事をしている方が気持ちが切り換えられて楽かな、と思うことがあります。もちろん、仕事と家事の両立は大変だと思いますが、生活に張り合いが持てると思うのです。
それとお金の問題です。中学生以降になると教育費がすごくかかるようになります。家計は教育費に圧迫され、夫一人だけの収入では毎月カツカツです。生活のあらゆるところを節約しなければなりません。共働きで二人分の収入があると、教育費を払ったとしても余裕が持てる気がします。お金があると生活が潤い、心の余裕につながります。
自分自身の生活への張り合い、お金のこと、この2つを考えて今の私は共働きが理想です。

絶対共働きの方がいい

  • 投稿日:
  • by

私はもうすぐ結婚する予定ですが、絶対に共働きにするつもりです。こんな理由です。

1.生活費に余裕がある。単純に考えて二人分の給料が出るのだから、お金でもめることがなくなります。夫婦円満のこつだと思います。
2.お互いに自立できる。両者とも自由に使えるお金が出てきて趣味も楽しめるし、自分で稼いでいるお金があるのだから自立できているという思いが生まれ、過度な干渉をすることもされることもなくなります。
3.定年まで働けばお互いに定年退職金が出る。定年退職金を馬鹿にしてはいけません。1000万円を超えることはざら。ふたりなら2000万円です。田舎なら一軒家を変えてしまうくらいなのでから、がんばってもらうべきです。定年まで働けなくとも、退職金は結構な額なのだからできるだけ働いた方がいいです。
4.厚生年金も出る。年金がきちんともらえるのか、何歳からもらえるのか分からない時代。もらえる可能性のあるものは少しでも増やすべきです。

なんだかお金の話ばっかりになってしまいましたが、夫婦生活の上でお金は絶対大事。夫婦仲よく子供も元気に育てたいなら、絶対に共働きがいいというのが私の考えです。もちろん仕事と家庭のバランスは考えて。

人妻の私は、共働きが理想ですが・・・

  • 投稿日:
  • by

共働きか専業主婦かと言われたら、やはり共働きが理想です。専業主婦もいろいろとやることがあって忙しいし、子育てはとても大変なことですが、社会とほとんど接点がなくなるし、自分である程度お金を稼ぐという充実感もなく、人生は長いものだから、やはり仕事を持ってやっていた方がいいと思うのです。
ただ、働き方についてはいろいろ考えてしまいます。フルタイムで正社員として働くのは、結婚して2人だけの時はいいですが、子供ができてからが続けるのが難しいと思います。
はっきり言って、日本はまだ人妻女性がフルタイムで働きながら子育てをするような環境が整っていません。保育施設を充実させ、育児休暇をしっかりさせるとか、制度面での変革が必要だと思います。
私としては、だからフルタイムの仕事ではなく、自宅でやるソーホーの仕事を選びました。翻訳だとか編集、添削、ライティング、家庭教師などです。
家で自分で時間を調整しながらできるので、家事育児と両立が可能でした。けれども、こういう自営業は安定しておらず、社会保険なども整っていないので、そういった面では困ることもあるかもしれません。夫の安定した仕事があって初めて安心してやれる仕事という感じです。年金なども国民年金で厚生年金はつかないので、正社員と比べて後の待遇も違います。タフな人で、子育てを親に手伝ってもらえるなどの条件が整っている人は正社員を続けたほうがいいと思います。